Category Archive: お仕事撮影

「見せる」より「魅せる」を

「見せる」より「魅せる」を

商品撮影の現場より 「革製品の質感をしっかりと出して撮って欲しい」というご希望がありました ライティングを微調整しながらの質感表現になります   全ての消費者に商品現物を手にとってみてもらうのは難しい 写真の力が試されます 品質に自信のある商品であれば、写真でも良さを存分に魅せていただきたい 撮影ありがとうございました  

 

売れてますか??

売れてますか??

どうですか? 今年も主張は変わらない 売れるためには写真から変えましょう それに尽きる メニュー写真、商品写真、いまの写真で満足ですか??      

 

秋のメニュー撮影

秋のメニュー撮影

暖かいものが温かいものが、、   恋しい季節です 写真の力が大きく差をつける季節かもしれません いかがでしょうか?  

 

秋のメニュー撮影

秋のメニュー撮影

久々すぎる更新ですね、、 夏休みも終わり、秋の温かい食事メニューの撮影が始まりました。 食欲の秋です。。 仕入れる食材も秋のものに移行していきますね。 お店のオススメやレギュラーメニューというのは変わりませんが 写真を綺麗なものに変えて載せるだけでも お店はリニューアルしたかのような印象さえも生みます。 温かく美味しそうな秋からのメニュー写真をどうぞご依頼ください。 お待ちしております。  

 

誰のためかを考えたら

誰のためかを考えたら

写真でイメージをより確かにする ウィンターシーズンも終わり、グリーンシーズンへ移行して行きます。 観光地やレジャー地域で外国人観光客(インバウンド)の方々も多数見かけられます。 飲食店においては外国人の方々へメニュー写真で対応できているでしょうか? 前回の記事で「和食は写真で食材が解り易いものだ」と言いましたが、 それ以外の食事に関しても、色味や食材のイメージが正確に写った写真は十分に意味を果たします。 あくまでも正確に写ったものですよ、、 写真は万国共通のイメージ共有ツールです。 自分が海外に行って、地元ならではの飲食店に行ったと想像してください。 文字だけのメニューより、そこに写真があった方が安心じゃないですか? 今年も増えるであろう外国人観光客の方の為にも、 お店に綺麗な写真で揃ったメニューを置いてみてはいかがでしょうか? メニュー出張撮影はcontactページからお気軽に問い合わせください。    〜リゾート管理士業務について〜 「リゾート管理士」の業務を開始いたしました(R-130318号) 伊豆方面を主に別荘の草刈り作業やデッキの補修、屋内外の清掃など別荘の管理的な業務を行います。作業内容は定期的な見回りと悪天候時の見回り及び点検、清掃業務から年間プランなどもございます。主に伊豆半島エリア、富士山麓に別荘をお持ちのオーナー様や不動産会社各位、別荘地管理業者各位、リゾート管理士の別荘管理のご用命もcontactページよりお声がけ下さい。  

 

和食撮影〜メニュー改訂〜

和食撮影〜メニュー改訂〜

和食メニューの撮影が山梨某所でありましたw 観光スポットに於いては、外国人観光客の方に食事イメージを伝えるにも写真が必要でしょう。 和食というのはシンプルで、使われている食材が写真でも解り易いものです。 人それぞれファッションをはじめ色彩感覚や色の好みは違うものですが 食事に関しては概ね「美味しそう」と感じる色の領域は共通するものです。 お店のおもてなしに美味しそうな写真を取り入れてみてはいかがですか? 気軽にお問い合わせください。    〜リゾート管理士業務について〜 「リゾート管理士」の業務を開始いたしました(R-130318号) 伊豆方面を主に別荘の草刈り作業やデッキの補修、屋内外の清掃など別荘の管理的な業務を行います。作業内容は定期的な見回りと悪天候時の見回り及び点検、清掃業務から年間プランなどもございます。主に伊豆半島エリア、富士山麓に別荘をお持ちのオーナー様や不動産会社各位、別荘地管理業者各位、リゾート管理士の別荘管理のご用命もcontactページよりお声がけ下さい。

 

カットモデル撮影

カットモデル撮影

HPのスタイルページや作品ファイルに残すなど、、 ヘアサロンのスタイルページの撮影を行っています。 ファッションそのものの業界ですから あまり時間の経った写真などはHP掲載していても逆効果かもしれません。 サロンのイメージ写真に、また個人の作品記録にモデル撮影を取り入れることは いずれもいい効果があると思いますよ。。 次回もお声がけ下さいね!    〜リゾート管理士業務について〜 「リゾート管理士」の業務を開始いたしました(R-130318号) 伊豆方面を主に別荘の草刈り作業やデッキの補修、屋内外の清掃など別荘の管理的な業務を行います。作業内容は定期的な見回りと悪天候時の見回り及び点検、清掃業務から年間プランなどもございます。主に伊豆半島エリア、富士山麓に別荘をお持ちのオーナー様や不動産会社各位、別荘地管理業者各位、リゾート管理士の別荘管理のご用命もcontactページよりお声がけ下さい。  

 

質感描写にこだわる

質感描写にこだわる

こだわりの強いものだから 生産数の少ない商品に対して思うのは 実際に手に取り確認がしづらいので 商品のイメージを出来る限界まで正確に伝えたい そう考えています 消費者が目からありったけの情報を捉えられるように 質感描写に徹底的にこだわります! お客様に安心感を与える写真 それが本来あるべき商品写真(イメージ写真)です 販売者の顔が見えない、手に取って商品を確認出来ない、、 それらの不安感を説得力のある写真で安心感に変えていきます    〜リゾート管理士業務について〜 「リゾート管理士」の業務を開始いたしました(R-130318号) 伊豆方面を主に別荘の草刈り作業やデッキの補修、屋内外の清掃など別荘の管理的な業務を行います。作業内容は定期的な見回りと悪天候時の見回り及び点検、清掃業務から年間プランなどもございます。主に伊豆半島エリア、富士山麓に別荘をお持ちのオーナー様や不動産会社各位、別荘地管理業者各位、リゾート管理士の別荘管理のご用命もcontactページよりお声がけ下さい。    

 

+αのイメージを載せる~商品撮影~

+αのイメージを載せる~商品撮影~

「質感描写」や「インパクト」「忠実表現」に加えるものは「作家性」 Wild Material Gearが展開する鹿革製の革靴を撮る その素材が放つ質感を光でどう見せていくか? スタンダードにインパクトを加えた写真にするには? 人を引きつけて「売れる」を考え追い込む作業です。。 牡鹿の角を背景のモチーフに男性的でカッコいいイメージを撮ってみました   クライアントさんは好きなだけ幅広く写真を宣伝材料にお使いください! 商品のイメージアップや顧客への購入意欲の+αに商品撮影のご依頼お待ちしております    〜リゾート管理士業務について〜 「リゾート管理士」の業務を開始いたしました(R-130318号) 伊豆方面を主に別荘の草刈り作業やデッキの補修、屋内外の清掃など別荘の管理的な業務を行います。作業内容は定期的な見回りと悪天候時の見回り及び点検、清掃業務から年間プランなどもございます。主に伊豆半島エリア、富士山麓に別荘をお持ちのオーナー様や不動産会社各位、別荘地管理業者各位、リゾート管理士の別荘管理のご用命もcontactページよりお声がけ下さい。  

 

メニュー撮影「写真力」で勝つ!

メニュー撮影「写真力」で勝つ!

写真家の「写真力」で勝つ! お店で出す料理には「ファッション要素」が求められるんだと長期にわたり訴えてきました。 秋冬に向けたファッションのように、新作メニューの開発とその写真撮影からの宣伝広告が「年末商戦」には必要不可欠です。 春夏秋冬に於いて「季節感」のある食事をしたいというのが我々日本人でしょうか? レギュラーメニューはもちろんあって良いですが、そこに「季節限定」が加わればもっと良いはずです! 試行錯誤の末に売り出す「季節限定メニュー」ですよね!? いち早く宣伝をするべきですが、美味しそうに撮ったプロ写真で宣伝広告をしましょう。 お店の集客を最優先した写真家の写真はいかがでしょうか? 宣伝広告に写真家の「写真力」をお役立てください! ※お気軽にcontactページをご利用くださいませ!    〜リゾート管理士業務について〜 「リゾート管理士」の業務を開始いたしました(R-130318号) 伊豆方面を主に別荘の草刈り作業やデッキの補修、屋内外の清掃など別荘の管理的な業務を行います。作業内容は定期的な見回りと悪天候時の見回り及び点検、清掃業務から年間プランなどもございます。主に伊豆半島エリア、富士山麓に別荘をお持ちのオーナー様や不動産会社各位、別荘地管理業者各位、リゾート管理士の別荘管理のご用命もcontactページよりお声がけ下さい。    

 

本来の目的に忠実に

本来の目的に忠実に

写真の持つ根源的な機能は? 商品写真の持つ本来の機能とは、、 形状(シルエット)、質感描写、色彩の忠実性、、基本中の基本であろう。 これが無視された広告写真や商品写真が世の中に氾濫している。。 ブラックだかネイビーだか色の視認性に欠ける写真や、コントラストがキツ過ぎて もしくはライティングのミスによって、拡大機能を使っても細部が見えない写真などなど。 大手ネット通販サイトの商品写真にも多々掲載されてますね、、 カメラマンに要求される事とは、この時代でも基本はシンプルで 商品撮影ならば正確にモノの情報を他者が捉えられるように撮影する事である。。 インパクトや雰囲気を優先させ過ぎた商品写真は嘘で、消費者にクレームとストレスしか生まない。 即日発送のスピーディーな販売店の対応も、利便性どころか返品と返金で評価は下がり★は付かず、早々に水の泡となっていく。 写真の氾濫する時代に、消費者ももっと写真の忠実性に厳しくならなければいけないだろう。 贅沢にモノの溢れる時代、その宣伝広告写真も当然のごとく大氾濫しているのだが 決して景気は良くなく、消費者は吟味してモノを買っているのが現状だ。。   顔が見えない厳しい消費者にも、私は嘘無く応える写真を撮りたいと思う。        

 

アパレル商品撮影

アパレル商品撮影

質感とディテールの良さを表現したい アパレル商品、ファッション小物、シューズなどの商品撮影を本格的に開始します 「売れる」ことを第一に考え撮影いたします 生地感や材質のイメージはなるべく分かり易く 生産者、販売者、消費者にとって拘りの強いものや 種類の多いもの、競争率の高いものほどイメージが大切です 1点あたり¥1.500からの5点から承ります お気軽にcontactページからお問い合わせください